リップクリームのレシートが…


リップクリームのレシートが…

リップクリームのレシートが…

彼女に浮気を疑われてしまった男友達がいます。その原因は、リップクリームを買ったときのレシートが男友達のお財布に入っていたこと。

彼がリップクリームをつけることなんて、今の今まで一度もありませんでした。どう考えても、女性のために買ったものだとしか思えません。よく考えれば、女性のためだという以外にも考えられることはあるかもしれません。でも、よく考える余裕がなかった彼女には、浮気だとしか考えられなかったようですね。

彼女が彼氏のお財布を勝手に開いて、中身を探ったわけではありませんよ。彼氏にお財布の中身を見せてくれと、頼んだわけでもありません。彼女がそのレシートを見つけたのは、一緒に食事をしたとき。お会計をするために彼がお財布を開いた瞬間、そのレシートがひらひらと下に落ちたようです。

それを拾い上げたの彼女。何の気なしに見たところ、リップクリームの文字が…。彼女がレシートの内容を見たのは何の気なしだったのか、何かの気があったのかは定かじゃありませんが。

「このレシート何?」と尋ねる彼女。男友達は「あぁ、リップクリームを買ったときの…」と答えます。自分以外の女性のために買ったものだと思い込んでしまった彼女には、もう彼のどんな言葉も届きません。

男友達が言うには、そのリップクリームは会社の同僚の女性に頼まれたものなんだとか。ちょうど近くのコンビニに用事があり、ついでに買ってきたあげたみたいです。お金は後払いにしたので、そのためにレシートが必要だったということ。わざわざ自分が買った分とリップクリームの分を別々の会計にするとは、また律儀な彼。

そう。彼はそういう人なんです。レシートなんて用を済ませたら処分してしまえば、こんなことにはならなかったのに。

婚活パーティー新宿編

いけないとわかっていても

お風呂上り。鏡に近づいて自分の顔をみると、小鼻の毛穴が広がって白い脂の塊が見えます。角栓というやつですね。白くニュルっとしているので、ついつい取りたく

なってしまいます。爪で軽く押してみると、毛穴から挨拶するように出てきてくれます。お風呂上がりで毛穴が広がっているので余計です。しかしこれをやると毛穴が

広がる原因になりますし、雑菌が入って化膿することもあります。爪でやるなんて言語道断、という感じなのですが。

わかっていてもやめられない、とはこういうことなんでしょうね。後から後悔するのは目に見えているんですが、目の前の快楽を求めてしまうのであります。

詰まりに詰まった角栓を取ると、次から次に角栓が見えてきてしまいます。見えると取らずにはいられません。また爪で押して取り出します。取ると毛穴がすっぽりと

見えて、なんとなくキレイになった気がしてしまいます。

気がつくと20分ほどやってしまうことがあります。小鼻はボコボコになるのですが、角栓だけはキレイになります。しかしそれもその時だけの話で、結局は角栓が

詰まる原因を取り除かないことには悪循環は止まることはないのです。しかしなぜ小鼻だけに角栓と毛穴が集中するのでしょうか。私は頬にも少しありますし、眉間の

毛穴も気になり始めました。毛穴が気になるということは、肌が落ちてきている証拠なんでしょうね。

これから年齢を重ねるたびに肌の悩みが増えていくんだと思うと、かなり憂鬱ではあります。細胞単位でみれば悪くなることはあってもよくなることはありません

からね。悪くなるスピードを遅らせることができるだけです。しかしそれにはまたたくさんのお金がかかる・・・。美を保つにはある程度お金がないとやっていけません。

別に誰がみるというわけでもないのですが、やはり出来るだけ若々しい状態を保ちたいというのが女性の願いですからね。頑張ろうと思います。